山東省藍鯨野球・ソフトボール倶楽部国際交流センター

中国山東省旅行、野球友好交流旅行、ゴルフ旅行、中華文化、歴史故事、中国野球、健康。

ようこそ、孔子のふるさとへ。
悠久の歴史を尋ねて旅立てば、孔子のふるさと中国山東省はすぐ近くです。ここは中国文明揺籃の大地。山東省エリアには中国伝統文化を形成し、子々孫々に伝えられ、多くの古代聖人がここで生まれました.「至聖孔子」、「亜聖孟子」、「兵聖孫子」、「書聖王羲之」、「智聖諸葛孔明」······3000年前の周代、このあたりには多数の国家がありました、斉国、魯国は殊に有名で、今も山東省のことを斉魯大地と呼びます。
朋あり遠方より来る、また楽しいからずやと孔子が語ったように山東省は「孔孟の故郷、礼儀の邦」として、歴史資源に豊み、多彩な伝統習慣を継承し、「周礼」から「論語」まで数多くの儒教聖典を生んできました。古代から現代まで、明るい山東人は忠実·仁義尊守、こつこつと「フレンドリー山東」を実践しております。
百聞は一見にしかず、ようこそ山東へ、いらっしゃい!
当社の日本語WECHAT ID:18660355510。当社の日本語対応WECHAT IDを追加し、チャットでお問い合わせも可能です。

韓国GIA国際交流協会

 

GIA国際交流協会は2017年からアジア文化交流と観光事業を開始し、アジア及び東アジア地域の連携を構築し、スポーツや文化交流の中心として大衆の注目を浴びている。団体交流の活動の進化に特化し、年齢によって学童前、小学生、中学生、高校生、大学生、成人、高齢者と分割し団体交流し、また文化、スポーツ、芸術、公演、展覧会、大会など、幅広い分野に渡る交流活動も行っている。

一方で、スポーツ交流では多数の種目に渡るため、交流を系統的にし、対象性高めるため、アマチュアとプロに部門を別け交流を進行している。

国際交流協会は豊富な経験と専門的な構想でアジア文化交流の最前線に位置してきた。


事業分野

● アジア青少年修学旅行プログラム
ー文化体験・文化交流
●海外アジア・中華圏文化交流
ー体験対象:幼稚園児、子供、青年、大人、高齢者
ーKポップ(K–POP)、ダンス(伝統、現代、古典など)
ー武道(各国伝統武術、テコンドー、柔術など)
ー楽器(伝統楽器、太鼓、ギターなど)
ー歌唱(合唱、カルテット)
ーエアロビクス、チアリーディング、小小記者団、
●各分野の競技会・公演の交流
●スポーツの交流(一般部・専門部)
●球技種目(サッカー、野球、ソフトボール)
●スポーツキャンプ(訓練トレーニング)セミナー
●個人項目(テコンドー、水泳、弓術、碁)スポーツ合宿セミナー
●韓国・中国ビジネス交流
ープロスポーツの海外指導者の派遣・管理

GIA会長紹介ー柳南佶会長

皆様、こんにちは!私は国際交流協会の会長柳南佶です。

世界中の人々を文化交流に巻き込むことは非常に重要です。世界各国の文化を披露し、文化交流を行うこと自体が大変価値のあることです。

この点に関して、私達の国際交流協会は中国人の友人を中心として、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、その他世界各国に文化交流を行っています。幼児、子供、青少年、成人、高齢者など、様々な年齢層を対象とした様々な交流プログラムが用意されています。

より体系的かつ専門的な文化交流・スポーツ交流をあらゆる面から経験したい方は、ぜひGIA国際交流協会のプロジェクトに参加してください。

国際スポーツ交流、未来のスター育成、合宿コーチングスタッフ、トレーニングプラン、スポーツサイエンスセンター、ウェルカムディナー。


GIA紹介 主要関連事績

2017年 ●韓中国際青少年文化交流修学ー西安附属初等学校、附属中学校1,000名
    ●仁川テコンドー祝典ー2,000名
2018年  ●韓中国際青少年文化交流ー山東省小学、中学2,000名
    ●遼寧省瀋陽ピース(平和)カップ国際サッカー大会出征ー韓国青少年出征
    ●アジア平和祈願一心大祝祭ー2,000名
    ●韓中交流青少年文化大祝祭
2019年●韓中国際青少年文化交流修学旅行団ー浙江杭州教育科学院附属初等小学、附属中学1,600名
   ●韓中国際文化交流修学旅行ー天津市初等小学、東莞市初等小学500名
    ●広東省広州サッカー大会出展ー韓国青少年出征
2020年●アジア国際青少年文化交流祝祭及び韓中国際青少年芸術の節ー中国各地3,000名
2022年●山東省威海市成人野球チーム交流
2023年●遼寧省瀋陽ピースカップ国際青少年サッカー大会出展ー韓国青少年出征
    ●仁川世界数学競試大会ー仁川2,000名
2024年●河南省青少年サッカーチーム サッカー交流 1883Global Youth Soccer Competition 2,000名
    ●山東省威海市野球チームコーチングスタッフ派遣

GIA専門プロスポーツの海外指導者の派遣

スポーツコーチング管理
コーチングセミナー
現地コーチ研修
見込み客の育成と管理

「2024」1883仁川開港カップ国際青少年サッカー交流大会

1883仁川開港カップ国際青少年サッカー交流大会は中国やベトナムなど各国で予選が行われ、予選参加チームと推薦チームが決勝戦に出場できる。

各地方予選の全年齢層優勝チームの内の1チームは、7月から8月にかけて行われる韓国本大会(全年齢層合わせて12チーム以上が必要)の競技費が免除され、Aカテゴリーに入る(最高のカテゴリ)はラウンドロビンプレイの対象となります。

残りの指名権は決勝戦で他のグループに総当たりで争われる。

決勝戦はグループごとの総当たり戦で行われ、最終的にポイントが多かったチームが優勝となる。

GIA国際交流協会は、各州(県)の代理店を選定し、サッカー招待トーナメント予選の代理人委任状を発行します(韓国大会中は代理人の宿泊費と食事代が免除されます)。代理人委任状を受け取った企業が予選会を開催します。毎年7月から8月に仁川で開催される1883年決勝大会に参加します。

● 韓国決勝戦の年齢区分(2024年基準)

- U9(2015〜2014.9.1)小学校三年級

-U10(2014〜2013.9.1)小学校四年級

- U11(2013〜2012.9.1)小学校五年級

- U12(2012〜2011.9.1)小学校六年級

- U 13(2011〜2010.9.1)中学校一年級

- U14(2010〜2009.9.1)中学校二年級

- U16(2008〜2007.9.1)高等学校一年級

1883仁川国際青少年サッカー交流大会は、韓国の代表都市である仁川で開催される国際交流大会です。その理由は、1883年に仁川市が開港し、貿易を行うために世界中から人々が韓国を訪れたことにあります。

相互交流の場としてのこの1883大会を通じて、韓国、中国、日本等のアジアの青少年がサッカーを通じて交流し、有効親善を図り、アジア諸国間の絆をより一層深めることを期待しています。これはカンファレンスの申し込みの原因です。

●各州(県)で行われる予選を通過した後、毎年8月上旬に韓国を訪問し、他国のチーム決勝戦を戦う。

●年齢層に応じて、各年齢層はA最高レベル/B中レベル/C低レベルの三つのグループに分けられます。

●決勝戦は総当たりで行われ、各グループの優勝チームが選出されます。

➕競技は3日間続き、選手にはメダルとトロフィーが授与されます。

➕各チームがMVP選手を選出し、アディダス バウチャーを授与します。

➕優勝チーム全員に、アディダス バウチャー、最優秀指導賞、及びアディダス バウチャーが送られます。

「2024」1883 Global Youth Competition 1883国際青少年サッカー交流大会

主催:仁川広域市
担当:仁川観光会社、GIA国際交流協会
後援:仁川観光会社、仁川PORT AUTHORITY 、仁川体育協会
協賛:アディダス、彌鄒忽礦泉水
大会サッカー場: 松島LNG体育園、松島仁川青少年サッカー場、松島公園地標球場、松島国際公園球場

GIA紹介 主要関連事績

2017年 ● 韓中国際青少年文化交流修学旅行ー西安附属初等学校、附属中学校1000名
    ●仁川跆拳道祝典ー2000名
2018年 ● 韓中国際青少年文化交流ー山東省小学、中学2000名
    ●遼寧省瀋陽ピース(和平)カップ国際サッカー大会出征ー韓国青少年出征
    ●アジア平和祈願一心大祝祭ー2000名
    ●韓中交流青少年文化大祝祭
2019年 ●韓中国際青少年文化交流修学旅行団ー浙江杭州教育科学研究院附属初等小学、附属中学1600名
    ●韓中国際文化交流修学旅行ー天津市初等小学、東莞市初等小学500名
    広東省広州サッカー大会出展ー韓国青少年出征
2020年●アジア国際青少年文化交流祝祭及び韓中国際青少年芸術の節ー中国各地3,000名
2022年●山東省威海市成人野球チーム交流
2023年●遼寧省瀋陽ピースカップ国際青少年サッカー大会出展ー韓国青少年出征
   ●仁川世界数学競試大会ー仁川2,000名
2024年●河南省青少年サッカーチーム サッカー交流 1883Global Youth Soccer Competition 2,000名
   ●山東省威海市野球チームー野球チームコーチングスタッフ派遣



この玉璧は若者達のモチベーションを高めている


よく見られる玉璧はみな円形であるが、この玉璧は「龍帽〜ドラゴンキャップ」を着け更に「吉語〜ラッキーワード」を付け加えてドレスアップしている。三つの観点から、後漢「宜子孫(子孫に宜し)」という言葉を記した「玉璧」について知らせしよう。


体型➕1


玉璧にキャップ、➕刻字、➕枠外1。本来漢代の玉璧が優秀なことは、度重なる研磨(buff)による。1982年に青州市譚坊鎮馬家塚子後漢墓から出土した「宜子孫」玉璧は、上等な新疆和田玉を使用しているが、玉石で黒玉の純度が高いものは珍品である。上から下まで細かく見れば、円形の玉璧の枠外の上方に彫刻された双龍模様の取っ手の「中国龍」に出会える。


玉石は黒色を帯びているが、職人はこの独特な質感を巧みに利用して、胸を張り頭を上げ口から牙をむき出しにして、吉祥の雲の間を飛び回る中国的な「S字形」の剛健なニ頭の龍を彫刻しているが、なめらかで生き生きとした線であり、ダイナミックアート(動態芸術)のリズミカルな美しさに満ちている。


取っ手の中央には「宜子孫」の三文字が彫刻され、「子々孫々、宜室宜家(代々家庭円満)「の願いが込められている。


玉璧の外周には夔龍(きりゅう、一本足の龍)紋と蟠螭(ばんち、絡み合う若龍)紋、内側には当時流行した水玉要素で158個の乳釘のような突起を装飾している。そのほか玉工職人は彫刻の過程で、溝線を彫る手法で図案の輪郭を際立たせている。

「宜子孫」の由来は何か。現在国内で出土している漢代の玉璧で、この「宜子孫」と漢字を彫刻した玉璧は、中国国内で今までに発見された最も完璧で、最大であり、質感も最良であり、芸術性も最高のものである。


青州市博物館

後輩にメッセージを送るために、古代人は玉璧に「刺繍」しただけでなく、玉璧には「宜子孫」と大きく三文字を刻んだ「刻字」がある。「宜子孫」は、「宜而子孫承承兮」という詩句で初めて『詩経』に登場し、漢代には「長宜子孫(長=とこしえに子孫に宜し)」と省略した吉語としてよく見られる。また儒教の親孝行思想をも反映している。「長宜子孫」は家庭の年長者が後輩に対する要求や期待を指しており、一方で自身が築き上げた家業財宝などで世代を超えて残したいと希望し、また一面で子孫後世が末永く安寧で充足した生活をできることを願っている。


漢代銅鏡「長宜子孫」紋様

専門家の解説でh、「宜子孫」玉璧は副葬品に属する玉である。漢代の貴族は埋葬される時、胸と背中に玉璧を置いた。これは被葬者の玉衣の上や背中に敷いて、墓玉がこの玉璧が子孫の繁栄と百歳の長寿を保つことを願っている。

➕ラッキーー1。「枠外(子持型)璧」と同じタイプ。

この後漢の「宜子孫」も中国でもあまり見られない「枠外璧」である。重要なポイント〜「枠外」とは何か。

枠外は玉璧の穴の中側に外側に龍と鳳凰の紋様を彫りり出すことで、漢代には大変流行した。玉璧の片側には玉璧の直径を上回る突出した彫刻装飾が現れるが、これを「枠外璧」と読んでいる。枠外の部分には一般に一対の螭龍(ちりゅう、雨龍)がアーチ状に彫刻され、螭龍の間には「益壽」、「長楽」、「宜子孫」などの文字がある。

枠外璧の模様は精緻であり、技法も複雑で、文字を帯びるものの価値は更に高い。青州博物館の後漢「宜子孫」玉璧以外にも、「縁起の良い言葉上手」同様の玉璧も一緒に見てみましょう。


玉鏤雕谷紋「長楽」璧、故宮博物院蔵


後漢「宜子孫」玉璧 揚州博物館


玉「益寿」谷紋璧 故宮博物院蔵

千年磨礪,溫暖有方,子々孫々、宜室宜家は漢代の人々が子孫に残した愛に満ちたメッセージである。もしあなただったら、後世に何を祝福しますか。コメントをどうぞ。